風水師になったOLのブログ

風水師になりたいOLのブログ☞風水師になったOLの奮闘記ブログです

影響力がお金で無くなった理由②

前回の続きです。

お金を使ってもフォロワーが増えない=還元率が低い理由についてですが。

易の理論で説明がついちゃいます✌✨

 

まず、「六親」という考えがありまして↓↓↓


f:id:btypelady:20210419234024j:image

 

こちらの説明は、以前にブログに載せたので割愛しますが(それも凄い大雑把💦多分、他の人も説明書いたりしてると思うので、興味ある人は調べてください😂)

 

 

この手描きの表は、人間関係の様子を表したものになり、円の矢印でエネルギーが動いていて、星の矢印でエネルギーが減っていくという事を示しています。

 

お金は【妻財】を表すのですが、

 

フォロワーや登録者数といった、ファンは【子孫】という場所に当たります😺😺😺

 

矢印の方向を見ていただきますと、【子孫】から【妻財】へ向かっています。

 


f:id:btypelady:20210419234106j:image

 

つまり、ファンによって、お金のエネルギーが付くのに、その逆をやっても、下りのエスカレーターを駆け上がるようなもので、エネルギー的には効率が悪いのです。

 

易の法則でいくと。

ファンを増やす、フォロワーを増やしたいのであれば、【子孫】のエネルギーを強めることが良いとされてます❤✨

 

子孫には、「子供」「ぬいぐるみ」「小さい生き物」「ペット」といった意味が隠されています🐻

可愛いもの、癒されるもの、といった感じでしょうか。

 

👇🏻私はアンパンマンに癒される😋✨
f:id:btypelady:20210419234222j:image

 

 

確かに、YouTube猫の日常を動画にしたものとか、気づいたら見ていますし🐱

マムシに噛まれた柴犬ラッキー」という犬の動画は、ホームビデオながら、1400万回再生という信じられない再生数を叩き出しています…🐶

 

癒しや可愛いは千差万別。

おじさんやおばあちゃんを見て癒される人もいるし(癒しって人工的に作れないから難しいけれど😅💦)

ミッキーやピカチュウのように、キャラクターとして見て貰えたら良いのかも知れません😋✨

 

あとは、【子孫】へエネルギーを与える【兄弟】の要素を含むのも良いと思います✌

 

【兄弟】は、出費や同業者、ライバルといった、あまり良い意味はないのですが。

 

YouTubeでいくと、爆買いの購入動画(出費)や、同業者やライバルとのコラボが見れるとか…でしょうか。


f:id:btypelady:20210419234347j:image

 

その他にも考えられることは色々ありますが、次は今の社会が「お金」から「評価」に基準が変わってきた背景について、説明したいと思います❤✨

 

では、またー🖐✨

影響力がお金で無くなった理由①

私の職場があるビルに入ってる会社を見ていて気づいたことをシェアしたいと思います😊✨✨

 

それは、誰もが知るエンタメ系の会社が撤退し、YouTuberの会社や、自分のスキルを売る某会社などが入ってきたこと。

 

これは素人目から見ても、

芸能と呼ばれる業界、要はAちゃんを売り出すために会社が力を注いでいく。という時代ではなく。

プロアマ関係なく動画を出す、モノを売るといった、

独自の視点で世に提供するという世界線に突入し、そこに比重が置かれるようになったんだと気づきました。

 

(みんな言ってる事だけど、実際に会社単位でそうなってるのを目の当たりにすると衝撃が強い💦💦)

 

 

確かに今の時代、年収5000万の人とか一流企業の社長(ジョブズとか孫さんみたいなカリスマを除く)よりも

Twitterのフォロワー、YouTubeの登録者数のが影響力が何億倍もあります。


f:id:btypelady:20210418084713j:image

 

ZOZOTOWNの前澤社長、YouTuberのラファエルさんなど、TwitterのフォロワーになってリツイートYouTube登録してる人にお金プレゼントします!と、大々的に宣伝してるのは、【お金】という価値から【フォロワー】という価値へ換金しようとしてるのですね。

 

しかし、その還元率は物凄く低い💦💦

 

 

それが何故かという理由について、

易の六親という視点にたって

次のブログで説明したいと思います❤✨✨

 

④金のなる木は【実在するのか】

前回の続き・・・✨

btypelady.hatenablog.com

 

厚生労働省では、平成29年に「働き方改革」を踏まえ、副業・兼業の普及促進を図るようになりました。

 

ただ、企業側で【副業】を禁止しているところが多く、

私の周りでも会社に勤めながら、副業をしている人はいません。

 

そんな中、固定給だけでは将来的に不安ということで、【投資】に目を向ける人が多くなりました。

 

投資であれば、副業と見なされない。

最近では、株や投資を促進するようなメディアが増えてきました。

株や投資で成功した人は【億り人】と称され、タワマンへ住み豪勢な生活を送る。

それを見て、我も我もと始める。

 

私はそれを見ながら【ホンマ?】と嫌悪感と疑問と不信感でいっぱいになりました。

投資家が儲かるシステムならば、なぜ一等地のビルに入ってる企業は金融商品を扱っている会社ばかりなの?

そして、そこで勤めている人達の給料は、平均の所得よりも高いの?

 

確かに【億り人】を出す事もあるでしょう、そのドリームを掴むために、皆がお金を出す。でも、それによって潤っているのは、誰なんだろう?

 

こうやって考える私に「投資って怖くないよ、ギャンブルだと思っちゃうから怖いんだよね。でも、ちゃんとした法則に乗っ取ってやれば大丈夫なんだよ」と、促す人が現れます。

 

ドヤ顔で説明された事が幾度となくあるのですが、私はその度に気味悪い感じがしていました。でも、私が快か不快かなんて、他人にとってはどうでも良い話。

 

そして、私はどうして気味が悪いと感じたのかを人様に説明できる語彙力と、そもそも投資するお金ないという立場を貫いたため(ってか、マジでそんなお金ない😢)、ずーっと放置してました。

 

しかし、この本を読んで当たり前のことに気づきました。

お金を生み出す、そのお金はどこから出てるの!?

 

お金は物の物々交換として使っていた手段だよね…それ自体が商品になる!?

 

さて、前置きが長くなりましたが。

ここからが、私の疑問【お金を生み出す、そのお金はどこから出ているのか】に対するアンサーになります↓↓↓

 

まず、主人公は【企業】です。

 

f:id:btypelady:20210417123223p:plain

この企業は、Aという商品を扱っていて、

今後の商品開発でBという商品を作りたいと思っていました。

 

しかし、多額の資金調達が必要の為、考えます。

 

そうだ!

銀行から融資してもらおう!

 

そして、銀行からお金を借りることにしました。

 


f:id:btypelady:20210417143344j:image

 

しかし、お金を借りるという事は、【利子】が付きます。

 

借りたお金でBという商品が出来ました。

借りたお金と一緒に【利子】も銀行へ返す必要があります。

すると、Bの商品には【利子】を上乗せして市場へ出す必要があります。

 

そして、この企業はCDEと商品を作りたいと思いました。

もっともっとお金が必要になります。

 

銀行も決算書を見て「今の状況だと、これしか貸せないよ」と、望むお金を出してもらえません。

 

企業は考えます。

 

銀行から借りることが出来ない分、

投資家からお金を集めよう

そうして、投資家よりお金を集めます。

 

集めたお金によって、希望の商品を世に出すことが出来ます。

出た利益は投資家へ還元する必要があり、お金を出してくれた投資家がまたウチの企業に投資して欲しい、期待に応えたい。

CDEの商品は、その期待分を上乗せして市場へ売ることになります。

 

 

さて、この話を聞いて気づくことはないですか??

お金を生み出す、そのお金はどこから出ているのか

 

f:id:btypelady:20210417124324p:plain

 

これは金のなる木がある訳ではなく、【消費者が搾取】されているだけなのです。

天秤の片方に【お金】・反対側には【資源と労働力】、お金の価値は変わらないけど、資源と労働力には寿命がある為、犠牲が生じると以前に説明しましたが。

 

【お金】に【利子】という新たなシステムが天秤に乗った事により、

さらなる犠牲が生じてしまっているのです。

 

btypelady.hatenablog.com

 

こんなこと、私の周りでは誰も教えてくれませんでした( ノД`)💦

それもそのはず。「投資いいよ👍」という人は、光ばかり見せて影は見せません。

 

私はこの本で実情を知り、自分が感じていた違和感を輪郭で捉えることが出来ました。

きっと私のように考える人は、どんどん搾取される側なんでしょう。

 

資源や労働力に犠牲を払わないとお金が得られない世の中は、そこに躊躇いがある人にとっては生きづらい場所だと思います。まさに【正直者がバカを見る】状態。 


f:id:btypelady:20210417143054j:image

 

【お金を賢く使う】【お金に縛られない】

この言葉は、「何も考えずに使っていたら手元に残らないよ」と「貴方はそうなりたくないでしょ?」といった、ダークメッセージが背後に見えるキャッチコピーですが、

 

私はこう言いたい。

お金の価値が変わらないシステムが採用されてる限り。

賢く・縛られない生き方なんて誰一人無理だからねー!!!

ってか、自分が生き残る為に、誰かが犠牲になるシステムで生きていて楽しいかね?

 

私は、政治家でも、経済評論家でもない。

私が言う事なんかに誰も耳を貸さないだろう。

でも、お金のシステムについて疑問に思い、調べ、

不自然・違和感に気づいた一人の人間だという事をブログに書きたかった。

 

私はこのブログを書いて、「投資やめよう!みんなでお金は時間の経過とともに価値が下がるシステムを作っていこう!」と勧めたい訳ではないんです🙅

 

ただ、お金の根源について知ってもらうことで、みんなの中にあるお金に対する呪いを請け負って、それを昇華できたらと思って書きました。

 

これは、易の五常(智、仁、礼、信、義)でいうところ【智】の世界観にあたります。

 

【智】とは、知ること😌

理解できないと人は恐れや不安が表れます。

理解することで、ニュートラルに戻り、

 

【信】の世界を突破することが出来ます✌

信は、漢字の通り「信じること」

お金の不安や恐怖を信じ込み、敗北感を持ち続けていた次元を払拭することが出来ます。

 

根源を知ることで、錆びていた心の車輪が回り始める🚴💨

 

さて、私はお金のシステムを学んだことで。

お金と人を観察するようになりました。

 

私の会社は、渋谷の一等地のどデカいビルの中にあります。このビルに入ってる会社は、名の通った企業が沢山はいってます。

先程話した金融商品を扱ってる会社も多数入ってます。

 

ただ、会社の入れ替わりが最近激しくて、5年前には無かったであろう業界の会社が入ってることに気づきました。

 

これは、世間の評価基準が変わった(お金を落とす場所が変わってきた)ということだと思います。

 

いつになるか分からないですが、

お金シリーズはこれにて終了して。

 

今度は、世間の評価基準がどう変わってきたのかを書いてみたいと思います( 'ω')/ 

 

長文すぎる長文に、お付き合い頂きありがとうございました。

ここまで読んでくれた方は、ホンマに凄い!(^人^)感謝♪感謝です❤

③お金には【寿命がない】

前回のつづき✨

btypelady.hatenablog.com

 

さて。

本題の前に、易の勉強で出てきた。

「長生十二運」のお話を少しだけしたいと思います✨

 

長生十二運とは、万物全てが命を宿してからこの世を去るまでを12パターンに区切ったもの。


f:id:btypelady:20210412001616j:image

 

易では、占った人の問題に対する現状や。

人間関係を、占った場合であれば、相手はアナタをどう思ってるか?などの読み取りに使うのですが。

 

長生十二運は、この惑星にいる万物全ては【命を宿したら、この世を去る】という自然の法則についてがバシッと表現されています🌳

 

つまり、発生したら寿命を迎えるのです。

悲しいけれど、それが現実。

 

秦の始皇帝も不老長寿を願ったけど、それは今現在に至るまで成し遂げた人はいません(ヾノ・∀・`)

 

ただ、例外がいましたょ…

 

 

それが、お金!

 

 

金貨や銀貨などを使っていた時代は、

金や銀は資源のため、作るには上限がありました。

そのため、お金にも寿命があったんですね。

 

ただ、いまのお金は…

よーく見てもらったら分かるように。

 


f:id:btypelady:20210412001814j:image

 

日本銀行券」と書いてるように「券=チケット」なのですよ!!!

 


f:id:btypelady:20210412001831j:image

 

つまり、これ自体には何の価値もない。

でも【お金】というモノと交換する機能としての存在価値は、何年経っても変わらないという性質を持っています。

 

この惑星で唯一、価値の変わらない不自然なもの。それが【お金】なのです。

 

人が求めて止まない…また漠然とした不安を感じさせる【お金】は、この世界で唯一不自然な法則を採用されているという点では無いでしょうか…??

 

さて、ミヒャエル・エンデ

【お金】が持つ役割について、こう話してます👇🏻

 

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

 

現代の通貨は

①モノや労働をやり取りする交換手段


f:id:btypelady:20210414201645j:image

 

②財産や資産(貯め込まれ、流通しないお金)


f:id:btypelady:20210416084908j:image

 

③銀行や株式市場を通じて、やり取りされる資本


f:id:btypelady:20210414201757j:image

 

同じ言葉を使うが、全く違う機能を同時にもたらされている。

そして、互いに矛盾が生じて問題を引き起こしている。

 

現代のお金が持つ本来の問題は、お金自体が商品として売買されていることです。

本来、等価代償であるべきお金が、それ自体が商品になったこと、これが決定的な問題です。

 

貨幣というもののなかに、貨幣の本質を歪めるものが入るのではないでしょうか。

これが確信の問いだと思います。

 

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

 

②の財産や資産は、【お金】の価値は時間の経過では変わらないというシステムを採用されたことで、人は【貯める】ことを覚えます。

 

「日本人がお金を使わない…使わないお金を回さねば!」と報道されていますが、人がお金を手元に置いてたいと細胞レベルで感じるシステムを必然的に作り上げてるからですよね(・ω・)💦

 

で、この貨幣の本質を歪めている原因を打開する策として、ミヒャエル・エンデは、

お金にも寿命を与える必要がある

と、説いてます。

 

お金に寿命…

 

時間の経過とともに、お金の価値が下がっていく💰⬇⬇⬇

お金を保有しても、その価値が下がるとなれば人は一気にお金を使うでしょう。

 

だって最初に書いた通り【お金】自体に何の価値もないのですから💸💰

 

私はこの考えを聞いた時に、「生まれたら、寿命を迎える」という、この地球に降り立ったモノに必然的与えられるシステムとお金が溶け合う!と、興奮しました✨✨

 

まだ夢物語かも知れない…

でも、お金のシステムは辿れば過去の人間が作り上げたもの。

地域単位でこのシステムを取り入れて経済危機を乗り越えたところもあるようで、小さなコミュニティで実験的に取り入れて働きかけるのも良いかも知れません✌✨ってか、私はやってみたい(∩´∀`∩)❤✨

 


f:id:btypelady:20210417141644j:image

 

さてさて。

次は③の利息や投資について。

このシステムこそが、経済格差を広げているといっても過言ではありません。

 

そこに切り込みたいと思います(p`・ω・´q)🔥

 

④につづく…

 

https://btypelady.hatenablog.com/entry/2021/04/17/140026

②お金の【はじまり、はじまり】

前回のつづき…😌✨

btypelady.hatenablog.com

 

さて、私が参考文献として読んだ書籍の紹介です

 

エンデの遺言「根源からお金を問うこと」

 

ミヒャエル・エンデは、「モモ」や「はてしない物語」など、世界的に有名で影響を与えたファンタジー作家です。

  

この「エンデの遺言」は、児童文学作家のミヒャエル・エンデさんがNHKの取材でお金について語ったテープを元に制作された書籍。

 

何故【遺言】というタイトルになったかと言うと、その取材の1年後にエンデが亡くなった為。文字通り、このテープがエンデから私たちに託された【遺言】なのです。

 

こちら2000年2月に発売されたもの。

20年前に出版されたものですが、先にお伝えしておくと、

ここに書かれている悲劇は未だに起きているし。

ここに書いてある希望は、片鱗がようやく見えてきた感じです。

 

※追記。

全ては紹介しきれなかったので、もし興味のある方はぜひ読んでいただきたいです❤✨

これは名著てす!

 

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

 

 

さて、本題に入りますね。

まず、皆さんは欲しいものがあった時は、お金を使いますよね。

【欲しいもの】には【値段】が付いていて、

【お金】で交換して獲得します。

 

 

例えば、私が弁当を買うとします。

 

f:id:btypelady:20210411154649p:plain

 

この時、私は弁当を受け取って、お金を払います。

手に取った弁当は、私が食べたら無くなります。

お弁当を食べなかった場合でも、食材が痛んでゴミ箱行きです。

 

ただ、お金は。

時間が経っても、減ることも痛むこともありません。

明日も明後日も、来週も、来年も、ずっと同じ価値としてそこにあります。

 

 

つまり、お金と消費物資の間では釣り合いが取れていないという事になります。


f:id:btypelady:20210411210620j:image

 

経済を動かす為に必要となるお金。

その天秤に乗る相手は、「資源」もしくは人間の「労働力」となります。

お金の価値が変わらずに、「資源」と「人間」は寿命があります。

この天秤を常に等しくするには、「資源」と「人間」に犠牲を払ってもらう必要があります。

 

資源の犠牲は、自然環境の悪化。

労働力の犠牲は、体力の酷使や大事な人と過ごす時間が当てはまるでしょう。

 

物々交換の時代であれば、漁師の場合はその日に交換したい分の魚を獲れたら良いはずです。

 

でも、価値の変わらないお金が出来たことで、漁師は海にいるだけの魚を確保しようとします。でなければ、ライバルに採られてしまうからです。


f:id:btypelady:20210411211645j:image

 

海は誰のものでもありません。

そのため、魚が海から消えても誰も責任を持つことはないのです。

 

これは一例に過ぎませんが、

こういう事が世界中。そして、私たちの周りでも行われているのです。

 

この事にミヒャエル・エンデは気づき、

現在の貨幣システムの何が問題で、何が起きてるかを真剣に考える必要があると説いてます。

 

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩

 

個人レベルでは、これが如何に悲惨な現状であるかは理解できると思います。

 

しかし大衆レベルで考えると、これにより恩恵を受けてる人がいる為に、今の貨幣システムを変えることは無理があるのでは?と、世の中について何も知らない私ですら感じる…

 

ちなみに私は、不動産デベロッパー に勤めていますが。1年でどれだけマンション建てるの!?と、驚きが隠せません😱💦

 

実際、私の家の前に新築マンションが建っていますが、ほとんど人が入っていません💦💦需要と供給が追いついてないんです。

なのに、何故建てるのか??

同じ業界にいるので、手に取るように分かりますが、それは投資マンションとして購入する人がいるからです。

 

オーナーは借金してマンションを購入し、その借金は賃貸収入として入ったお金で返済し、完済した暁には資産になるという手法です🏠

 

【お金という価値は減らない】

この不自然なシステムからなるお金を絶対神として崇め、東京の土地は地価が下がらないという神話によって、色んな企業が我こそはで買い占めては建設し、投資家は永続的に利益を得たいと望み購入する人が後を絶たない…

 

それに拍車をかけて、どんどんマンションを建てる…。

 

この本に書かれていることが憶測ではなく、私のいる業界全体を見てるだけでも、ありありと実感します😢💦

 

 

次はミヒャエル・エンデが提案する【お金】のシステムについて、ご紹介したいと思います。

画期的で、地球に優しいお話です🌏✨

 

btypelady.hatenablog.com

 

①風水師OL、お金に【疑問を持つ】

私は、中学生の時からお金について興味がありました✨

商業高校へ行って簿記2級を取得し、

会計事務所に7年勤めて、個人事業主から中小企業の経理。はたまた世界的に影響力を持つクライアントの経理などにも携わってきました📖

 

勤めていた会計事務所の決算書作成や給料計算も任されており、基本的な税金や経理の知識は分かってるつもりです💰

 

それから職場を転々としながらも、経理職で働いていました。

 

そんな私は、昨年から本格的に自分でビジネスをやってみたいと思いました。

ようやく「これだ!」と、思って勉強したもの。それが風水でした。

 

風水師としての肩書きを持ち、

よーし、はじめるぞ♪と、思ったけれど、ピタッと動きが止まった。

 

身体が動かない…💦💦

 

まるで、足に根っこが生えたように動かなくなりました🌳💦

 

これについて考察したところ…

→私がお金を持つと、誰かのお金を奪うということになる😖💧

 

このジレンマに襲われたことに気づいたのです。

 

これを言うと、お金以外の対価を相手に与えることでWinWinだという意見もあるかと思うが。

どうしても、そこが理解できませんでした。

 

自己肯定感が低いんじゃない??

とにかく動いたら、結果出るから!

という、心理面でのアプローチもネットを漁ったら出てくるけど…飽きた!

 

 

 

そこじゃないねん💦

もっと根源的な価値について、私は疑問に感じてるんよ💧

 

この世の中のシステム。

お金の成り立ち。

 

給料の三割は貯金だよ

貯蓄に回しても利息つかないよ。

今なら投資でしょ!

FXみたいに危険なものじゃなくて、

もっと安心なものがあるよ

お金はエネルギーだから

お金さん大好き、ありがとう~って言ったら回ってくるよ

 

その辺に転がっている

節約術や、心理学、スピリチュアルに、投資話やビジネス本

どれもこれも耳にタコ🐙

私はそんな話をしたい訳じゃない💦

 

何故なら【お金】の本質について語っていないから。

 


f:id:btypelady:20210411215509j:image

 

なぜ、私はお金を通して、

奪う、奪われるの感覚を持ち合わせているのか。

 

お金について、殆どの人が抱えている漠然とした不安な気持ち。

でもその不安の正体を誰も知らないし、真実を話す人はいない。

 

不安な気持ちを開示したところで「気持ちの持ちよう派」or「投資話か個人ビジネス派」の答えしか返ってこなくて、【情報弱者】だと不安を煽られお金を取るという顛末になっている。

 

【気持ちの持ちよう派】に関しては、

本人がそれで幸せなら何ら問題はない。

ただ、「私と同じように考えたら良いよ」というのは、違う気がする。

 

それはマリーアントワネットの「パンが無いならケーキを食べればいいじゃない?」発言ぐらい、不安を通り越してギロチンかけたくなるぐらい反感を買うことになる💀💬

 


f:id:btypelady:20210411215752j:image

 

【投資話か個人ビジネス派】に関しては、お金の不安を話した途端に、もれなく話した相手に利益がいく仕組みになっている。

情報弱者だと損するよ。今は自分からお金を稼ぐ時代だよ、生み出すんだ!と言って煽る。


f:id:btypelady:20210411215806j:image

 

つまり、私は無形ビジネスをやってる人が上記の2つに当てはまると考えていて、そうなっちゃう自分がいるのではないか😱という恐れが出てきているのが本音のところです。

(素晴らしいものを提供してる人も沢山いると思うねんけどね💦そう思われるんじゃないかという人の目が怖いのです。ホンマにすみません…)

 

 

不安を煽りたくない、自分が人生でどう在りたいのかを知って、人生の選択をして欲しい。

 

これが私の理念であり、行動指針。

 

そこを省いて、自分ビジネスを始めると、私はどこかで脱落する。

 

感覚レベルで、その事に気づいた私は、ずーっと後回しにしていた【お金】について、自分なりに勉強することにした📖

 

前々から感銘を受けていた本があって。

いずれブログに書きたいと思っていたのですが。

【自分でビジネスをやりたい】と思ってから、再度読むことで、私がどうして【奪う、奪われる】という気持ちが外れないのか、再認識したのです。

 

その内容を、私なりに分かりやすく

次のブログでお伝えしたいと思います🖐😋

 

その名も!

【風水師OL、お金の根源について語る】です🌈✨

 

お金の仕組みを、風水師として学んだ易の知識から紐解こうと思います。

 

つづきはコチラ👇🏻✨✨

 

https://btypelady.hatenablog.com/entry/2021/04/13/233930

 

 

目を通してアナタを知る(眼診)

みなさん、【眼診】って知ってますか??

触診、舌診、脈診と、問診する際に、人の様々な部位を使って身体の悪い所を見ますが。

 

眼から診断することも可能らしく。

そのお店が神戸にあるということで、

昔、職場の人達と行ったことがあります。

 

【目は口ほどに物を言う】という、ことわざがあるぐらい。目から色んな情報を読み取ることが出来ますよね(´^∀^`)

 

そして、ここでは診断を元に、その人の体質にあった台湾茶を出してくれます。

 


f:id:btypelady:20210410103525j:image

 

で、ね…

 

みんなの診断を聞いてたら、ストレス状態とかも分かるようで。

 

怒りが本来だったら、頭の穴から出るけど、

それが塞がってる

とか。

 

わぁわぁ、面白いなぁ。

と、私の順番が回ってくるまでワクワクしてて、いよいよ私の番。

 

するとですね…

 

あなた、今の職場すぐ辞めた方が良いよ

 

「えーーーーー( ゚д゚)!!!」

 

ちなみに、一緒に行った子達は

全員職場の後輩達。

 

めっちゃ色々聞きたいけど、彼女たちの手前聞けなくて。゚(゚´Д`゚)゚。

 

とにかく勧められた台湾茶を飲んで、購入。

 

他の子達のも飲んだけど、私のやつが1番まろやかで美味しい…

 

これは、みんな思ってる事みたいだから

やっぱりその人の体調にあったお茶を選んでくれてるみたい( *ˊ▿ˋ*)🍵

 

ちなみに、私はストレスが半端なくて

このままだと、大きな病気になるというお話でした。゜(´∩ω∩`)゜。

 

辞めた今なら思う。

私は、背負わなくてよい問題も背負いすぎて。色んな人の意見をまるで、自分の意見のようにして雁字搦めになっていたこと。

 

あれから心理学や占いを学ぶことで、

自分の内面を深く知り、相手と自分の境界線を引けたから、あの時の診断。そして、言い難いことを言ってくれたお店の方には感謝してます(´∀`🙏)

 

www.gancha.net

 

もし、関西にお住まいの方がいれば

ぜひ行ってみてください(๑´•ω•)っ🍵